よくあるご質問

コーティング・磨き

  • コーティングとは何ですか?

    • 車の塗装を守る保護膜です。コーティングを施工することによって、洗車を楽にしたり、美観の維持が目的です。

      ただ、メンテフリーと言う訳ではないので、適時メインテナンス(洗車)が必要になります。

      ただ、全ての汚れを完全にガードする訳ではないです。メインテナンスの手間を減らし、塗装へのダメージを軽くする為の物なので、過度の期待は持ちすぎない方が良いです。

  • 自分でコーティングはできるけど何が違うの?

    • コーティング剤を塗るのはだれでもできますが、専門店では塗る前に必ず下地処理をします。これをすることで、仕上がりが格段によくなります。下地処理は経験や技術、環境、道具等、様々なことが必要になります。

  • 下地処理って何?

    • 車の塗装についてしまったダメージを取り除くことです。

      下地処理をしないでコーティングをしてしまうと塗装面に着いた鉄粉・ピッチ・タール等の様々な異物も一緒に閉じ込めてしまうことになるので、コーティングをする意味がなくなってしまいます。この下地処理が最も難しく、気を使うところですが、下地処理をしっかりやることによって仕上がりは素晴らしいものになります。

  • コーティングのメインテナンスとは何ですか?また、どのようにするものですか?

    • コーティング後のメインテナンスで主なものは、オーナー様の洗車です。当店で使用しているコーティングは洗車機で洗っても問題ないので洗車機洗いや、手洗い洗車が普段できるメインテナンスになります。

  • 施工日数は?

    • 最低でも4泊5日いただいております。

ラップフィルム

  • 施工中に傷は付いたりしませんか?

    • フィルムをカットする場合は、ナイフレステープと言う物を使用しますので大丈夫です。

  • 耐久性はどの位?

    • 色によって差がありますが、3~10年。剥がす時に綺麗に糊が残らないように剥がせる期間は、完成時から4年位です。仮に糊が残っても取る事は出来ます。

  • 洗車の注意点は?

    • 手洗い洗車をお願いします。機械洗車だと剥がれの原因になります。特にスチームの使用は避けてください。圧力でフィルムが剥がれてしまいます。

  • 部分的にフィルムを貼りたいんですが、可能でしょうか?

    • 可能です。詳しくはお問い合わせください。

プロテクションフィルム

  • 施工後、経年変化でフィルムの変色や塗装面との色差が出たりすることはないですか?

    • 適切なケアを行うことで変色は最小限に抑えられますが、物理的な性質上、全く変色しないというものではありません。

      それは、施工部位はフィルムによってボディが保護され、美しい状態を保つことが可能ですが、逆に未施工の部位は様々な要因により塗装面の劣化が進むためです。もちろん、フィルム自体も様々な要因により変色や硬化などの経年劣化を起こします。

  • 施工したフィルムの耐久性は何年くらいですか?

    • プロテクションフィルムは、施工後徐々に劣化するもので、その状態に応じて剥離しての再施工が必要になります。耐久性としての考え方には2つの観点があります。「保護効果としての耐用年数」と「美的外観としての耐用年数」です。

      保護性能という視点で見た場合、例として「屋内車庫での保管で週末のみの使用」の様な場合は、おおよそ5年間は性能が維持される事が確認されています。屋外での保管や長距離走行、使用頻度がとても高い場合は当然劣化も早く、2年〜3年程度で劣化が起こる場合もあります。また、実際の見た目としての美的外観も「屋内車庫での保管で週末のみ使用」の様な場合も5年間は性能が維持される事が確認されていますが、屋外での保管や長距離走行や使用頻度がとても高い場合は当然劣化も早く、1年〜2年程度で劣化が起こる場合もあります。

      プロテクションフィルムは外観と保護効果の両立が必要なため、ユニグローブでは車検と同サイクルとなる2〜3年ごとの再施工を推奨しております。年数はあくまで「目安」ですので使用環境やフィルムの破損状況により現車を確認しての再施工を推奨します。

  • 施工面と未施工面は見た目で認識できますか?

    • アメリカでは「invisible(見えない)」とも言われているプロテクションフィルムですので、施工直後の段階では施工面との差は目の前でフィルムのエッジを探さないとわからないレベルです。しかし、プロテクションフィルムは150μ(約0.15mm)の厚さがあるので、全く見えないわけではありません。

  • 施工後のメンテナンスはどのようにすれば良いですか?

    • 施工後、フィルムが定着すれば強力な接着力があるため、日常の洗車に関しては特別な対応は必要とせず、ボディコーティングのメンテナンスと同様にシャンプーを用いた一般的な手洗い洗車で対応できます。

      ただし、水垢の付着を軽減するなど、より安定したメンテナンス性を得るため、私たちはフィルムへのコーティングは不可欠と考え、プロテクションフィルム専用に開発したコーティング剤をご提供しています。また、一般的なワックスや油脂系のコーティング等を使用した場合、その保護被膜自体が酸化し、汚れが固着してしまうため適切とは言えません。

  • 新車以外の中古車などへの施工は可能ですか?

    • 中古車への施工を行う場合には塗装面のコンディションを新車と同様な状態に整えてから行う必要があります。基本的にはそうすることで施工は可能ですが、注意しなければならない事として純正塗装以外の塗装面への施工には特に注意が必要です。

      プロテクションフィルムは数年後に剥がして再施工することが前提ですが、施工時に事故による補修や、オールペイント、社外パーツの取り付けなどで再塗装を行っていた場合には、稀に塗装の品質が低くフィルムの剥離と共に塗装面が剥がれてしまう事があります。また、FRPパーツ等、もともと塗装の密着力が低い樹脂パーツ等も同様です。

ヘッドライトリフレッシュ

  • どのくらい綺麗なまま?

    • コーティング自体の持ちは1~2年ほどです。使用状況によって大分変わっていきます。

  • ガラスのカバーはできるの?

    • 出来ません。ガラスの場合だと交換になります。

  • ヘッドライトだけを郵送してもいいのですか?

    • 大丈夫です。こちらからお送りする分の送料はいただきません。

  • 施工後すぐに高速を使うのですが問題はありますか?

    • 施工後、強制乾燥させますので特に問題は無いですが、走行後、ライトに付いた虫はすぐに取ってください。

その他

  • 支払方法は?

    • 現金払いとクレジットカードがご利用いただけます。

  • 車は取りに来てくれるの?

    • 保険の関係もございますので、原則持ち込みとさせていただいております。どうしても時間が取れない等の場合は、ご相談となります。

  • お問い合わせの電話がつながりにくいのですが?

    • 作業中の場合は出ることができないのでこちからから折り返しご連絡いたします。

      折り返しご連絡する際の時間のご希望等がございましたら、留守電にメッセージを残しておいていただけると幸いです。